My favorite...take a photo,Leica,Nikon,Other...
FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition
23340791254_9c03e5ce67_c.jpg

Nikon Df + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G





星景や天体写真を撮るときなどは、できる限り高感度で撮りますが、むろん長秒露光時のノイズリダクションを稼働させないのは基本です。

ですから高感度ノイズが大きいカメラはこういった撮影には向きません。



以前使っていたOM-D E-M5は、ISO感度800まででそれ以上はノイズが非常に目立ってしまったため、泣く泣く売却した経緯があります。これは所有した個体が酷かったのかもしれませんが。



FUJIFILMのXシリーズの気に入ったところは、発色の良さだけではなく、高感度での画質の良さというところも大きいのです。

カメラ内出力されたJPGだけではなく、RAWデータにおいても言えることです。

ですから、35mmフルフレームは高感度に強い...という定説をある意味覆しています。



またXは、映像素子そのものから出力されるノイズが少なくディテールが保持されるのです。



ちなみに1630万画素のX-T1のRAWデータのサイズが約32MBに対して、3600万画素のD800の約42MBに肉薄するデータサイズなので、如何にデータ量が多いかわかります。



最近伺った写真家の羽部さんや相原さんの写真展に展示されている作品群は、リバーサルフィルムで撮られたものも多いので、同じ発色、同じ空の色でなければデジタルで撮った作品を混在で展示できないそうです。

しかしXで撮った作品は、発色に全く違和感がないので同列で展示することができるとお二人が仰っていたのが印象的でした。



ところでこのシルバーのX-T1を手にして一年経ちましたが、ますます気に入ってきました。

もっともニコンやキヤノンに較べて、使いにくい部分もありますがもう慣れました。

あとは、カメラ内手振れ補正が搭載されればいうこと無しなのですが期待しすぎでしょうか(笑)

















Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
常識
19782802690_525cbbf784_c.jpg
Nikon Df + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G


高名な科学者となった後も、
一風変わった人物と言われることも多かったアインシュタイン。

例えば、靴下をはかないことや、年中同じ上着をきていること。
床屋に行かず、ボサボサの髪の毛でいることなど。

世間的に見れば常識と思えることを敢えてしなかった彼は、こんな
言葉を残している。

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ」

常識とずれた行いも、アインシュタインによれば自然なこと。
靴下をはかなければ、破れた靴下を繕う妻の負担が減る。
一張羅でいれば洋服代がかからない。
髪を切る時間を、研究につかえる。

常識を忘れられる人は、
自分だけの新しいルールを見つけられた人なのかもしれない。




Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
瑞々しさ
19784083069_635a45efcc_c.jpg
Nikon Df + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G


この夏の暑さ...
地球の温暖化と太陽のフレア現象の相乗効果で猛暑となっているのでしょうか。
完全に異常事態ですよね。
これでは、まだ梅雨の時期の方がマシです。

というわけで、梅雨の写真を一枚。
スナップを撮る方は、昼間は気をつけて
水分補給を必ずしてください。
でも水やお茶だけではダメです。
塩分も一緒に。
理想はスポーツドリンクか、経口飲料水です。





Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
雨の日
19970792905_6652af931f_c.jpg
Nikon Df + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G


宮古島から帰ってくると、東京はまだ梅雨の雨
人々が出勤の中、さっそく近所の公園にお散歩撮影に行きました。
人が働いている時にお休みを楽しむのっていいですね。
雨の時こそ、スナップをするチャンスです。

さて、今日は...念願の...飛行機に
...羽田へ行ってきます。




Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
2014年12月31日 大晦日
15953746606_1636646915_c.jpgNikon Df + AF-S Nikkor 70-200 f/2.8 G ED VR II



今年も残すところあと6時間少々となりました。
わざわざこんな私のところを訪ねていただいて、本当にありがとうございました。
写真を通して、本当に楽しい一年でした。
来年も宜しくお願いいたします。
また、充実したカメラライフを共に楽しんでいきましょう(^o^)/






Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
霧の中
15978881152_f5035d3a12_c.jpg
Nikon Df + Ai Nikkor 105mm f/1.8S


X-T1を使い始めて感じたこと。

Nikonのカメラ&レンズは、使い勝手が非常によろしいと再認識。
大きくでかいと言う人もいるけど(自身を含めて)、自然環境下や暗闇などの状況下では、ある程度大きく多少は重量があった方がいい場合もあります。

次はシャッター音。
整備のいき届いたM3、M4、MPのシャッター幕が稼働するいかにも小さめで上品な音と、NikonのF3、D3、Df、D810のかっこいいシャッター音が大好き。
車のエンジン音にも似たようなものでしょうか。
「撮ってるぞ」というリズム感があるから気持ちがいいのです。

それに比べてミラーレス一眼は味気ない。

では嫌いなのか?と質問されたら、好きだと答えます(笑)
買う前は高得点で実際に自分の物として使い始めて点数の低くなったX-T1ですが、疑問点が解決したり新たに気に入ってきた点も段々と増えてきています。

お互いに一長一短がありますね。
というわけで、今後も両刀使いで楽しんでいきます。






Nikon Df comments(2) trackbacks(0)
ふわふわ
15792127988_37f435b942_c.jpgNikon Df + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR


AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR兇蓮△箸辰討睥匹ぅ譽鵐困覆里任垢、いかんせん1.6kg近い重量がバックパックの中にあるだけで山に登った時も疲労困憊し、脳みその思考回路が機能しませんでした。
加えて14-24/2.8で1kg、24-70で0.9kg、その他単焦点、D800+Dfを足して6kg ^^;
それにポータブル赤道儀や夜露・霜防止ヒーター、iPad mini Retina、複数の充電池諸々ですから体力の限界です(笑)

ある著名なプロの風景写真家の方が、アシスタントをつけているのはひとつは若手育成ともうひとつは機材の運搬を任せることにより、体力の消耗を抑えて写真を撮ることに専念できると仰っていたのが印象的でした。

今後は、アクティブな撮影はX-T1をはじめとするXシリーズにバトンタッチし、車での移動中心なら両方を使うという方向でいこうと思います。
Xシリーズのように申し分のない性能を誇っているカメラ&レンズが、APS-Cというシステムのコンパクトと軽さを加えてとても心強い武器になります。

それと、天体望遠鏡に関しては今年投入したタカハシFSQ-106EDやEM-200などの機材は当然ながら車移動のみなので、背負って持ち運べることを前提にカメラ用三脚にポータブル赤道儀で運用可能なBORGやKOWAの軽い望遠鏡を考えています。普段使いでもカメラ用レンズよりもクリアだし星もキレイに撮れます。

もっとも資金不足なので、当面は撮影に専念しますけど(笑)





Nikon Df comments(0) trackbacks(0)
雨の後
15792252190_239bbd2be7_c.jpgNikon Df + Ai Nikkor 105mm f/1.8S


α7IIに5軸手ぶれ補正が搭載されたことが大きな反響になりました。
OLYMPUSのOM-D E-M5が世界で初めて5軸手ぶれ補正を搭載しましたが、私もその恩恵に与りました。
NOKTON 25mm/f0.95やSummilux50、Summicron35などなど、楽しいレンズの時もとても心強い味方でした。

ただひとつ気になったことがあります。
自分は基本的に怠け者というか、楽したらそれが当たり前になってしまうため、本来のカメラの構え方を崩してしまいました。
手ぶれ補正の無いカメラで撮るとぶれるぶれる(笑)
今では基本に戻ろうと、心掛けるようにしました。





Nikon Df comments(2) trackbacks(0)
土曜日の午後
15792162528_3edda22baf_c.jpg
Nikon Df + Ai Nikkor 105mm f/1.8S


すっかり寒くなりましたね。
この冬も、東京でもきっと大雪が降りそうな予感...。
防水防寒の靴を買っておかないと。

でも、そんな天候だからこそ、近所でもいいから撮影をしたくなるんですよ。
もし写真を趣味としていなかったら、そんな寒い雪の中、きっと外出なんてしなかったと思います。
カメラ恐るべし(笑)





Nikon Df comments(3) trackbacks(0)
秋はもう昔
15792119318_612da88527_c.jpgNikon Df + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR



せっかく紅葉を撮りに行ったので、少しばかりアップします。
普段なかなか持ち出さないAF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR供
先日のオリオン大星雲を捉えた時以来です。

ただ、自転車或いは徒歩での撮影に関しては、もう少し軽い機材が欲しい。
そんな思いで注目しているのがXF50-140mm F2.8 R LM OIS WR。

購入した友人曰く、単焦点を超えたズームレンズだそうです。
Nikonの70-200の手ぶれ補正3.5段に対してXF50-140は5段。
他にXF18-135mmも5段でしたね。

他社を含めても5段というのはなかなかありません。
造りも万全で、しかも1kgを切っている重さ。

おまけにちょうどキャッシュバック・キャンペーン中。
超広角の10-24mm/f4、単焦点の52mm/f1.2と合わせて、買い物かごに入っています(笑)

それとX-Trans TMCMOSセンサーは、ダークノイズが他社センサーに比べても圧倒的に少なく、さらに特殊なフィルターを装着したり、赤外線カットフィルターを外さなくとも星雲の赤色がちゃんと写るのです。これはすごい事です。
他社のセンサーとは違う大きなメリットのひとつなのです。

ノイズを消す処理が長けた製品よりも、最初からノイズが少ない事の意義の方が大きいと思います。
そういった理由から、現在星野撮影で一番向いている製品だと言えると思います。
ただし、天体写真にはあまり向かないかもしれません。理由は長くなるのでここでは省略します。

というわけで、現在も自分の手足となっているNikonの機材とフジの機材の両刀使いでいけたらいいのですけどと、
相変わらず物欲に右往左往されています(笑)







Nikon Df comments(4) trackbacks(0)
| 1/7 | >>