My favorite...take a photo,Leica,Nikon,Other...
藤の花
26554783674_d46ecea53c_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF10-24mmF4 R OIS


ちかごろブームのかき氷。
実は千年以上も前から、
日本女性を夢中にさせていた。

 あてなるもの
 削り氷にあまづら入れて
 新しき金鋺に入れたる

清少納言は枕草子に、
あてなるもの、つまり、雅なものとして、
水晶や藤の花とともに、
シロップがけのかき氷を挙げている。

氷など、たやすく手にできなかった時代。
キラキラまばゆい輝きも、
ひんやりと口に広がる甘みも、
一瞬でとけゆく儚さも。
いまとは比べ物にならないほど、
美しく映っていたにちがいない。





FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
石山寺の鐘楼
27160714615_621dec7dc0_c.jpg
FUJIFILM X-T1 + FUJINON XF10-24mmF4 R





琵琶湖の南端近く、琵琶湖から流れる瀬田川の右岸にある

近江八景のひとつ

石山寺。



創建は

何と天平19年、西暦747年。



この写真の建物は、石山寺の鐘楼(しょうろう)といわれる。

建物は鎌倉時代の建立、鐘は平安時代に作成。

共に重要文化財に指定されています。



33年に一度だけ御開扉の期間があり、

運よく今年がその年に当たります。

★2016年3月18日から12月4日まで(33年ごとの開帳)



鐘のつき方は、通常と逆なのです。

綱を引いて勢いをつけて前に持っていき鳴らすのではなく、

綱を前に振り勢いをつけて、引いて鐘をつくのです。

金の音色は非常に優しい音になります。



しっかりお願い事をさせていただきました(^^)











FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
スナップショットの達人
26040357462_87280716fe_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + XF90mmF2 R LM WR


1974年5月31日は写真家、木村伊兵衛の命日。

ライカを手にして日本を旅し、
普通の人々の日常を鮮やかに切りとる。
スナップ写真の達人だった木村伊兵衛。

中でも伊兵衛が愛したのは秋田県。
何度も訪れては、農村の風景を次々とフィルムに焼き付けた。

その中に、
見る人の目を釘付けにする一枚がある。

若い娘をあらわす方言で「おばこ」と名づけられた
一人の娘の写真だ。
今見ても圧倒的に美しい、透明なまなざし。

編み笠をかぶり、野良着を着て、
田植えをしている最中の農家の娘のように見えるが
彼女はその時、農作業をしていたわけではなかった。

後に秋田美人の象徴とも言われた一枚は、
実は、木村伊兵衛の見事な演出だったのだ。

女性にとってリアルは、美ではないこともある。
リアリティを追いかけながら、
女性の美に関しては、時に鮮やかに嘘をつく。
木村伊兵衛が女性ポートレイトの名手、と称された理由も
そこにあるのかもしれない。





FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
常識を覆す発見
25987548773_931212d8a4_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR


宇宙のはじまりは超高密度で、超高温の小さな火の玉だった。
1946年にアメリカの物理学者
ジョージ・ガモフが提唱した「ビッグバン理論」

だが当時の科学者の多くはその説に否定的だった。

「ドカンという爆発から宇宙が生まれたとでもいうのかね?」
「ビッグバン」という名前もそんな皮肉からつけられた。

しかし現在、ビッグバン理論は
宇宙の起源に関するもっとも有力な説。

コペルニクスの昔から、
常識を覆す発見はなかなか理解されないらしい。




FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
CP+ 2016
25330715835_09d670769d_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + XF90mmF2 R LM WR


今年のCP+は、とても魅力的な新製品が続々と登場して楽しかったですね。
印象に残ったものがいろいろありました。
私の場合...
・X-Pro2
・Pen-F
・D500
・SD Quattro(H)
・その他、天体望遠鏡関連

X-Pro2やPen-Fなどは、精密機械然とした佇まいが魅力的過ぎて、ついポチってしまいそうでとても危険でした^^;
X-Pro2のシャッタスピード&ISO感度一体型ダイアルだけで、なんと38個もの部品からできているのです。
こんな細かい部品で構成されているだけで、わくわくしてきます。

日本のカメラメーカーには、ずっと魅力的な製品を出し続けて欲しいです。
いやはや、今年も目が離せませんね。




FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
Lovers
22425255317_55e40970d6_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR


先日、友人達とフォトウォークした時の一コマ。
Xシリーズの重量とコンパクトさのおかげで、こうやって仲間と撮り歩くのも助かっています。
身体への負担が少ない分、俄然撮ることにも集中できるし楽しめるんですよね。
もっとも、この日はお遊びなので、雑談ばかりですけど。

そう考えるとマイクロフォーサーズなら、もっと軽くていいですよね。
フルフレームと合わせて、三種類のマウントを持っていれば、とても幸せになれそうです(^^)




FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
暖炉のあるリビング
24066414301_c379f27a6a_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF35mmF1.4 R


今年の正月の草津温泉の時に宿泊した比較的新しいこのホテルは、ほんの数組だけ限定の少ないお客をとても親切で丁寧な対応、暖炉のある大きくゆったりできるリビング、シェフが腕を振るったフレンチのフルコースでおもてなし。

秋に独りで宿泊した箱根の富士屋ホテルもよかったですが、このホテルの少ない客を最大限にもてなすサービスにいたく感動しました。客層もリピーターが多く、大声で騒いだりするようなマナー違反の客は皆無。良い意味で上品な家族ばかりで評判どおりの素敵なホテルでした。

昨日はフジフィルムからの新製品発表がありましたね。
私がフジフィルムを気に入った最大の理由が、スペックを競う競合のなかでそれに囚われず、フィルムメーカーならではの記憶に残る色再現と肌色の美しさ、ノイズの少なさ、フィルム・シミュレーション等のオンリーワンの世界を築いているからなのです。

企業体として、生物・医療・化学などの基礎研究にも熱心な会社だから、その蓄積された技術はすごいものがあると思います。

メーカーで基礎研究所を設けている会社はわりと少ないのです。
基礎研究はすぐに利益に結びつかないから、その大切さを知ったうえで財政的にもある程度の余裕がないとできません。

話が逸れましたが、X-Pro2をみる限りX-T1の後継機が予想できます。
現行のX-T1に加えて新型と二台でいこうと、早くも小遣いの節約モードに入りました(笑)
ただ、画素数が24.3Mになったことで1ファイルのサイズは、恐らくD810と同じくらいになるかもしれませんね。

ますますフジフィルムから目が離せません。




FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
沖縄三線
23940175529_4759e0377d_c.jpgFUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF35mmF1.4 R

クラシック、Jazz、ボサノバ、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、Pops、Rock、奄美/沖縄民謡、台湾...
好きな音楽はジャンルを超えて、良い音楽はなんでも聴いています。

小学校一年生の時からクラシックのアコースティック・ギターを習っていたのですが、大好きな奄美・琉球文化をより一層味わうために、沖縄の三線を始めようと思っています。
因みにこの三線は妻のを拝借しています。





FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
新製品ラッシュ
23522264973_238696a0dd_c.jpgFUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR


2016年になり、各社から新製品の発表が始まりました。

何といっても衝撃的だったのが、ご存じNikonのD5とD500。
2007年のD3とD300の発表の時の衝撃を、思い出した人が多いと思います。
オリンピックに向けて、いよいよ本腰を入れてきましたねNikonさん。

しかし、まさかあれほどの超高感度で攻めてくるとは、予想だにしていませんでした。
そうなると個人的に期待してしまうのは、
・D810の後継機 = 高画素に加え、どこまで高感度性能をもたせるのか。
・Dfの後継機 = D4のCMOSセンサーと画像処理エンジンを載せたのが現行Dfなので、同じようにD5のセンサーと画像処理エンジンを載せてDfらしい軽くて更に薄いボディでくるのではないのか。

ともあれ、あくまでフジフィルムの機材がメインなのでXF100-400mmが気になりますね。

あと他社ではオリンパスから「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」
E-M1やE-M5兇塙腓錣擦譴弌△覆鵑6段分の手振れ補正効果とは!!

造りこみの高級感やデザインの良さ、作例をみる限りとても高画質。
さすがという感じです。
何度もオリンパスに戻ろうかと、後ろ髪を引かれたことか!(笑)

さらに、パナソニックから100-400mm F4.0-6.3も発表されました。
防塵防滴で、これもマイクロフォーサーズ・ユーザーなら惹かれるところ。

まだDf同様来年?の話でしょうが、X-T1の後継機種。
これは、現行X-T1との二台体制で活躍させる予定です。

さぁ、Xデーに向けて無駄遣いを抑制しコツコツと貯金をしなくては(>_<)







FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
白根山
23853413220_242b5174a4_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR


新年明けましておめでとうございます。
今年の正月は、家族で草津温泉でゆっくり過ごしました。
寒い時期の温泉は格別です。
身も心も新たに、今年も健康であることを第一に、
仕事とプライベートと、充実していけたらと思っています。

・・・さて、今年はどんなカメラ、レンズと巡り合うのかも
楽しみですね(笑)

では、皆様も良い年でありますように
今年もよろしくお願いいたします。







FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
| 1/6 | >>