My favorite...take a photo,Leica,Nikon,Other...
暖炉のあるリビング
24066414301_c379f27a6a_c.jpg
FUJIFILM X-T1 GSE + FUJINON XF35mmF1.4 R


今年の正月の草津温泉の時に宿泊した比較的新しいこのホテルは、ほんの数組だけ限定の少ないお客をとても親切で丁寧な対応、暖炉のある大きくゆったりできるリビング、シェフが腕を振るったフレンチのフルコースでおもてなし。

秋に独りで宿泊した箱根の富士屋ホテルもよかったですが、このホテルの少ない客を最大限にもてなすサービスにいたく感動しました。客層もリピーターが多く、大声で騒いだりするようなマナー違反の客は皆無。良い意味で上品な家族ばかりで評判どおりの素敵なホテルでした。

昨日はフジフィルムからの新製品発表がありましたね。
私がフジフィルムを気に入った最大の理由が、スペックを競う競合のなかでそれに囚われず、フィルムメーカーならではの記憶に残る色再現と肌色の美しさ、ノイズの少なさ、フィルム・シミュレーション等のオンリーワンの世界を築いているからなのです。

企業体として、生物・医療・化学などの基礎研究にも熱心な会社だから、その蓄積された技術はすごいものがあると思います。

メーカーで基礎研究所を設けている会社はわりと少ないのです。
基礎研究はすぐに利益に結びつかないから、その大切さを知ったうえで財政的にもある程度の余裕がないとできません。

話が逸れましたが、X-Pro2をみる限りX-T1の後継機が予想できます。
現行のX-T1に加えて新型と二台でいこうと、早くも小遣いの節約モードに入りました(笑)
ただ、画素数が24.3Mになったことで1ファイルのサイズは、恐らくD810と同じくらいになるかもしれませんね。

ますますフジフィルムから目が離せません。




FUJIFILM X-T1 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photos-grapho.jugem.jp/trackback/1501
<< NEW | TOP | OLD>>